ここから本文です

名古屋城が燃えた日、東京大空襲より「B29」が多かった理由 大編隊で降伏迫る 河村市長再選で木造化へ

withnews 5/14(日) 7:00配信

 名古屋市長選の争点にもなった名古屋城。5月14日は、その名古屋城が空襲によって焼失した日です。戦争末期、1945年のことでした。空襲のために飛来したB29は、東京大空襲の時より多かった理由とは? 名古屋城の歴史を振り返ります。

【画像】炎に包まれる名古屋城 コンクリート化の前、もう見られない貴重な姿

姫路城の約2倍の規模

 名古屋城は徳川家康の命で1610(慶長15)年に築城がはじまり、2年後に5層5階、石垣上の高さ約36メートルの天守が完成しました。

 天守は延べ床面積4564平方メートルで姫路城の約2倍の規模がありました。1930年に国宝に指定されましたが、1945年5月、アメリカ軍の空襲で天守や本丸御殿が焼失しました。

 天守は1959年にコンクリート製で再建され、一帯は国の特別史跡に指定されています。

日本に降伏を迫るため

 名古屋城への空襲は、大編隊を組んだ都市圏への最初の空襲でした。その目的は、日本に降伏を迫るためでした。

 アメリカ軍の報告書では、B29爆撃機での攻撃目標を「名古屋城周辺」などとし、城を右旋回する形で人口が密集する5カ所に設定。名古屋城は直接の目標ではありませんでしたが、巻き添えとなったといわれています。

 サイパンやグアムを出撃し、名古屋に向かったB29は524機。約10万人の死者を出した3月10日の東京大空襲より200機も上回る、当時としては過去最大の編隊でした。16グループに分かれ、午前8時5分からの80分間に2515トンの焼夷(しょうい)弾を波状的に投下しました。

 アメリカ陸軍航空軍の公刊戦史によると、アメリカ軍は沖縄での地上戦で多くの犠牲者を出したため、5月8日のドイツに続いて、日本を降伏させようと急いでいました。そのための「新たな焼夷弾空襲の最初のターゲットが、名古屋市北部の市街地だった」と記しています。

 名古屋へは、名古屋城を焼失させた5月14日を含め、終戦までに約2600機の米軍爆撃機の飛来があり、60回ほど空襲があったとされ、死者数は7800人以上、被害戸数は13万5千戸以上といわれています。

1/2ページ

最終更新:5/14(日) 7:00

withnews