ここから本文です

比嘉、具志堅ジム初の世界王者誓う!「会長と同じ21歳で」/BOX

サンケイスポーツ 5/12(金) 7:00配信

 世界初挑戦の同級1位、比嘉大吾(21)=白井・具志堅=が11日、東京都内の所属ジムで練習を公開し、故郷の英雄・具志堅用高会長(61)への“恩返し”を誓った。

 比嘉は2ラウンドのスパーリングで、スピードのある連打などを披露。「会長と同じ21歳で王者になって、恩返しをしたい」と繰り返した。

 具志堅会長に憧れて、沖縄・宮古工でボクシングを始めた。全国制覇などの輝かしい実績はなかったが、「パンチに破壊力がある」と評価されて入門。プロデビューから3年で世界を狙えるところまで急成長した。

 1995年設立の同ジムは男子で過去3人が世界戦に挑んだが、戴冠していない。具志堅会長は「沖縄出身の世界王者に共通する、自分から攻めていく勇気を持っている。必ず世界王者にさせる」と期待を込め、比嘉は「絶対に世界をとる。沖縄に元気を届ける」と力強く応えていた。

最終更新:5/12(金) 7:00

サンケイスポーツ