ここから本文です

“くびれ女王”佐藤美希の憧れはママドル熊田曜子「30歳までグラビア続けたい」

東スポWeb 5/12(金) 15:18配信

「PARCO SWIM DRESSキャンペーン2017」のモデルに起用された“サトミキ”こと佐藤美希(23=T167・B82・W56・H83)が12日、都内の池袋パルコの巨大水着売り場オープンをPRした。

【写真】ウエスト驚異の49センチ! 水着姿で極上クビレを披露した佐藤美希

 佐藤は「第38回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞した逸材で、現在は2代目「Jリーグ女子マネージャー」を務める。持ち前の根性で毎日200回の腹筋を続け、絶品のスレンダーボディーを作り上げた。

“くびれの女王”は「日ごろから、とにかくひねること。おなかをへこませるだけでもいい」とスタイル維持の秘訣を明かす。

 前任者の佐野ひなこ(22)も同じホリプロ所属。身長160センチにして49センチの驚異的なウエストが話題を呼んだ。同社関係者は「佐野はぷにょっとした女性らしく柔らかい体。佐藤は鍛え上げたアスリート系」と両者の違いを表現する。

 バレエと腹筋で作り上げたボディーを武器に、グラドルとして頂点を極めたサトエリこと佐藤江利子(35=T173・B88・W58・H88)タイプのようだ。

 だが、サトミキの憧れは、出産後もグラビア活動を続けるママドル・熊田曜子(34=T164・B92・W56・H84)なのだとか。

 サトミキは「あのくびれはすごい。出産してもあの体形を維持できるなんて」と、育児中も毎日の努力を欠かさない熊田を絶賛。「私も30歳まではグラビアを続けたい」と気を引き締めた。

最終更新:5/12(金) 16:35

東スポWeb