ここから本文です

コツメカワウソ、赤ちゃんすくすく 越前松島水族館で公開 福井

産経新聞 5/12(金) 7:55配信

 越前松島水族館(坂井市三国町)は11日、今年2月に誕生したコツメカワウソの赤ちゃん3匹を一般公開した。小さな脚で親の後を一生懸命に追いかける愛らしい姿が人気を集めそうだ。当面の公開時間は午後1時半~同5時半。

 3匹とも雌で体長約20センチ、体重約1キロ。父親は平成24年にアドベンチャーワールド(和歌山県)からやって来たクウ(5)、母親はチェコ生まれのシズク(7)。同館での繁殖は昨年3月に引き続き2度目の成功となった。飼育員からアジなどを与えられ、すくすく育っている。

 コツメカワウソは東南アジアや南アジアに生息。成長すると後脚と尾で立ち上がり、前脚を器用に操る。赤ちゃんの間は睡眠時間が長く、巣に隠れて眠ることが多いという。

最終更新:5/12(金) 7:55

産経新聞