ここから本文です

(クロスレビュー)小説『劇場』

朝日新聞デジタル 5/12(金) 16:00配信 有料

 お笑い芸人で作家の又吉直樹さんの芥川賞受賞後第1作となる小説『劇場』(新潮社)が出た。劇作家を目指す主人公の永田と恋人沙希の恋愛模様を描く、自身初の恋愛小説だ。作品の魅力はどこにあるのか。受賞作の『火花』との違いは。作家、劇作家、コラムニストの3人に読み解いてもらった。

 ■文体で成功した自己の物語 作家・辻原登
 前作『火花』に勝るとも劣らぬ作者の力量が十分に発揮された作品です。肥大化した自己という劇場の中での物語なのですが、この自己が他者を喰(く)い尽くしていくプロセスはサスペンスに充(み)ちています。……本文:3,477文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:5/12(金) 16:00

朝日新聞デジタル