ここから本文です

ニース、来季ファブレ退任ならラニエリ招聘を検討…半世紀ぶりのリーグ制覇を視野に

GOAL 5/12(金) 16:37配信

ニースは来シーズン、ルシアン・ファブレ監督が退任した場合、前レスターのクラウディオ・ラニエリ監督の招聘を検討していると11日、フランス誌『フランス・フットボール』が報じた。

ニースはファブレの指揮下、今シーズンはリーグ・アンで3位につけ、優勝争いに絡むなど好成績を収めている。また知名度の高い元イタリア代表のFWマリオ・バロテッリが加入したことでも注目を集めた。

ところが、来シーズンに向けてファブレ監督の去就は不透明のままだ。これまでもレヴァークーゼンからオファーが届くなど、ブンデスリーガのクラブが実績ある同氏招聘に動いた経緯がある。現在はボルシア・ドルトムントがファブレの招聘に興味を示しており、ファブレ自身もブンデスリーガへの復帰を望んでいると報じられている。

このため、ニースはファブレ監督が退任した場合に備えて、次期監督候補の選定を進めているという。候補に挙げられているラニエリは2015-16シーズン、当時残留争いが妥当と思われていたレスターを率いて歴史的な優勝を果たし、「シンデレラストーリー」としてヨーロッパ中から称賛を浴びた。長らくリーグ優勝から遠ざかっているニースにとっては、半世紀ぶりのリーグ制覇を目指すにあたり理想的な監督といえる。なお、ラニエリにはニースのほか、リヨンやウェスト・ハムも招聘に興味を示している。

GOAL

最終更新:5/12(金) 16:37

GOAL