ここから本文です

糸満市と沖縄県、摩文仁の投棄ごみを確認 遺骨収集ボランティア、行政の対応訴え

琉球新報 5/12(金) 11:44配信

 糸満市摩文仁の国立沖縄戦没者墓苑の海岸に面した崖下一帯に、不法投棄された空き缶や家電などが長年放置されている問題で、沖縄県と市の関係課の職員ら約20人が12日、現場を確認した。今後は、ごみの撤去に向け、関係部署や機関で協議を重ねていくとしている。


 県と市は以前から事態を把握していたが、岩が入り組んだ危険な地形で不法投棄した人の特定が困難なため、撤去が困難だった。遺骨収集作業に当たる人たちがボランティアで撤去作業に取り組んでおり、行政による協力を訴えていた。

 県と糸満市は12日、ごみの処理などについて今後の方向性を協議する。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:5/12(金) 11:44

琉球新報