ここから本文です

「パイレーツ」プレミアにジョニデ&ブルーム結集!栗山千明&中川大志と対面

映画.com 5/12(金) 15:00配信

 [映画.com ニュース] ジョニー・デップ主演の人気シリーズ第5弾「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のワールドプレミアが5月11日(現地時間)、中国・上海ディズニーランドで行われ、日本語吹き替え版で声優を務めた栗山千明と中川大志がデップをはじめとしたキャスト陣と対面した。

オーランド・ブルーム登場!「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」ワールドプレミアの模様はこちら!

 世界で唯一、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の世界感をテーマにしたオリジナルのテーマランド「トレジャー・コーブ」が存在する同所には、ファン約5000人、報道陣300人が詰め掛けるなど大盛況。デップ(ジャック・スパロウ役)のほか、ハビエル・バルデム(サラザール役)、オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー役)、ジェフリー・ラッシュ(ヘクター・バルボッサ役)、ブレントン・スウェイツ(ヘンリー・ターナー役)、ヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ監督コンビ、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが姿を現すと、悲鳴にも似た歓声が巻き起こった。

 日本語吹き替え版で天文学者カリーナ(カヤ・スコデラーリオ)役を務めた栗山とウィルの息子ヘンリー役に扮した中川は和装で参加し、「素敵な衣装だね、ずっと遠くから見えていたよ! 僕も1着ほしいんだけど、どうすれば手に入る?(笑)」(デップ)、「日本のカリーナとヘンリーだね! 会えてうれしいよ。(栗山さんは)日本のCMで共演したよね、覚えているよ! また会えてとてもうれしい」(ブルーム)、「強くていい声だね! 美しい! お会いできてとっても光栄です。一緒に写真を撮ってもいいですか?」(スウェイツ)と熱烈な歓迎を受けた。栗山は「あのジャック・スパロウに会えるなんて感動しました!」、中川は「大好きなジャック・スパロウが目の前にいる……と思ったら涙が出そうでした! たたずまいも格好よくてあこがれます」と感極まっていた。

 「ジャックは僕の一部のような存在だから、ある程度自由自在にキャラクターのバカさ加減を出したり、面白おかしさをデザインできるのはこのキャラクターの魅力だと思うよ」と語ったデップは「撮影中はたくさんのハプニングもあった。あるシーンの撮影中に、物事がおかしな方向に行き始めて、他のキャスト含めどう動いていいかわからなくなってしまい、動揺した瞬間があったんだ。他の映画の撮影でもよくあることなんだけど、突然思いもよらないことが起こって、5分から10分の間棒立ちになってしまったりするんだ。でも映画撮影では失敗こそがチャンス、最高の物事が起こる予兆なんだ」と苦難を力に変えたと振り返る。「来月は日本に行く予定だよ。多くの人にこの映画を見てもらいたいし、心の底から楽しんでもらえると思うよ」と来日宣言も飛び出した。

 シリーズに復帰したブルームは「再び僕が大好きな作品に携わることができ、心から愛するキャラクターとして復帰できたことにすごく興奮したし、ハッピーな思いでいっぱいだったよ。映画は本当に素晴らしいので、引き続き携われたらうれしいよ」、劇中でジャックとコンビを組んだスウェイツは「ジョニー・デップは最高だよ! 素晴らしい俳優で、同じ役を長年にわたって演じているけど、まるで(その役が)彼の一部になっているかのように感じた」と語った。

 「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」は、7月1日から全国公開。

最終更新:5/12(金) 15:00

映画.com