ここから本文です

アッコが「小さな巨人」に…26年ぶり民放連ドラ出演「私は、現実の巨人ですよ」

スポーツ報知 5/12(金) 6:07配信

 歌手の和田アキ子(67)が、TBS日曜劇場「小さな巨人」(後9時)の第6話(21日放送)から出演することが11日、分かった。和田が民放の連ドラに出演するのは、TBS系「スクール☆ウォーズ2」(90~91年)以来26年ぶり。久しぶりの連ドラ出演に「日曜劇場は前から続けて見ていますけど、まさか自分が出演することになるとは。しかも『小さな巨人』! 私は、現実の巨人ですよ」と苦笑する。

 俳優の長谷川博己(40)が演じる刑事の主人公・香坂が所轄に左遷され、警視庁捜査一課との対立を通しながら事件の真相に近づいていくストーリー。現在は前半の「芝署編」のラストにさしかかっているが、後半では香坂が新たな事件に直面。和田は、失踪した職員の捜査のために香坂が訪れた学校法人「早明学園」で理事長を務める金崎玲子を演じる。元捜査一課長で学園の専務・富永(梅沢富美男)とともに、失踪騒ぎを示談で解決しようとし、香坂の前に立ちはだかる最大の敵。やがて警視庁の大きな闇へつながる物語のカギを握る大役だ。

 早明学園は成功を収める一方で、土地を何らかの形で安く購入し建てられたとささやかれており、いまの世相に通じるような展開も。和田は「久しぶりに緊張しながら楽しめるお仕事なので頑張ります」と意欲。この日クランクインを迎え「長谷川さんと初めてお会いしましたがすてきな方。一緒のシーンも多いので楽しみ」と“対決”を待ち望んでいるようだった。

最終更新:5/12(金) 6:36

スポーツ報知