ここから本文です

「模型の祭典」静岡ホビーショー開幕 ガンプラ新作披露

朝日新聞デジタル 5/12(金) 8:58配信

 国内のホビーメーカーが新製品を発表する「静岡ホビーショー」(静岡模型教材協同組合主催)が11日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡で始まった。56回目の今年は、78社と2団体が参加。ドローンの実演など、それぞれ工夫を凝らした展示で自社製品をアピールした。

【写真】宇宙戦艦の大型模型=ツインメッセ静岡

 「バンダイ・ホビー事業部」のブースでは「ガンプラ」を中心に新作模型が展示され、熱心なファンらでにぎわった。会場では外国人バイヤーの姿も目立ち、各社の担当者と製品を前に真剣に話し込む場面も多く見られた。

 業者招待日は12日まで。13、14日は一般公開日で、午前9時~午後5時(14日は午後4時まで)。一般公開日には模型ファンの自慢の作品約1万点を展示する合同作品展もある。入場無料。

朝日新聞社

最終更新:5/12(金) 8:58

朝日新聞デジタル