ここから本文です

自動車用次世代液体燃料シンポジウム…マツダが活動を報告 6月14日

5/12(金) 14:14配信

レスポンス

マツダは、ひろしま自動車産学官連携推進会議のエネルギー専門部会活動の一環として、6月14日に広島大学 東千田未来創生センターで開催される「自動車用次世代液体燃料シンポジウム2017」に参加し、エネルギー専門部会のメンバーとして活動報告を行う。

自動車用次世代液体燃料シンポジウムでは、将来の自動車用エネルギーのひとつとして注目されている、バイオマス由来のカーボンニュートラルな液体燃料が持つ可能性とその実用化に向けた課題について、産官学、各領域の専門家が解説する。

マツダは、自動車などの内燃機関を搭載した移動体のエネルギー源については、将来においても液体燃料が効率的かつ実用的な手段であると考えており、シンポジウムでは「Well-to-Wheel(燃料採掘から車両走行まで)」でのゼロCO2に向けた、ひろしま自動車産学官連携推進会議 エネルギー専門部会の取り組みと自動車用液体燃料の将来像について報告する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:5/12(金) 14:14
レスポンス