ここから本文です

母の日に輝く花弁を 静岡で「ラメバラ」出荷最盛期

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/12(金) 8:51配信

 母の日を前に、静岡市内で特産のバラの花弁に輝くラメを加工した「ラメバラ」の出荷が最盛期を迎えている。同市葵区のJA静岡市花卉(かき)センターでは今季、東京に向けて約500本を出荷する予定。

 静岡市バラ生産組合のスタッフは11日、同センターでピンク色のバラにラメを施して華やかに仕上げ、束ねて箱に詰めた。バラの品種は、濃いピンク色が特徴の「ボヌール」、中心が白い「タージマハル」、花弁の枚数が多い「ライラ」など。

 JA静岡市では、ラメバラを10年ほど前から出荷している。担当者は「最近は母の日に、カーネーション以外の花を贈る傾向がある。高級感が増すラメバラは人気」と話した。

静岡新聞社

最終更新:5/12(金) 8:51

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS