ここから本文です

サッカー=欧州リーグ、マンUとアヤックスが決勝へ

ロイター 5/12(金) 9:04配信

[11日 ロイター] - サッカーの欧州リーグは11日、各地で準決勝の第2戦を行い、マンチェスター・ユナイテッド(マンU、イングランド)はホームでセルタ(スペイン)と1─1で引き分け、2戦合計2─1で初の決勝進出を決めた。

マンUは前半17分、マーカス・ラッシュフォードが左サイドから上げたクロスをマルアン・フェライニが頭で押し込んで先制。立ち上がりから攻勢をかけていたセルタはチャンスを作るもゴールに結びつかず、後半40分に1点を返したものの、第1戦を0─1で落としたビハインドを跳ね返せなかった。

試合後、マンUのジョゼ・モウリーニョ監督は「第1戦は最高の内容だったが、チャンスの割にゴールを決められず、ゲームを終わらせることができなかった。そのために(第2戦の)ホームではオープンなゲームになり、あらゆるプレッシャーがのしかかって、最後まで苦しんだ」とコメント。

決勝に勝ち進んだことについては「14試合を終えて決勝に進んだ。もし欧州リーグで優勝できれば、最高に幸せだ」と話した。

もう1試合では、リヨン(フランス)がホームでアヤックス(オランダ)に3─1で勝ったものの、2戦合計ではアヤックスが5─4で競り勝ち、決勝に進んだ。

決勝は24日にストックホルムで行われる。

最終更新:5/12(金) 9:07

ロイター