ここから本文です

世界の子育て最前線を追うドキュメンタリー映画「いのちのはじまり: 子育てが未来をつくる」公開

5/12(金) 18:39配信

CDジャーナル

 世界の“子育て”の現場を撮影したドキュメンタリー映画「いのちのはじまり: 子育てが未来をつくる」(原題: O Comeco da Vida)の日本公開が決定。6月24日(土)より東京・アップリンク渋谷、ユジク阿佐ヶ谷、7月1日(土)よりCINEMA Chupki TABATAにてロードショー。

 ブラジル出身のエステラ・ヘネル監督が9ヵ国の家庭を訪問し、子育ての現場を撮影した本作は、様々な文化・民族・社会背景を持つ子どもたちの姿と、育休を経て職場復帰時期に悩む母親、専業主夫となって2人の男の子を育てる元研究者、好条件の転職と娘の通学送迎が折り合わず悩んだ末に決断を下した父親といった大人たちのリアルな姿を記録しながら、子育てにおける世界共通の悩みについても触れています。

 また、児童心理学者、学習脳科学者、小児科医、精神分析医、経済学者、教師などのスペシャリストたちへのインタビューも多数収録し、乳幼児期の子どもにとって、育つ環境だけでなく、周囲の人々との関わりの“質と量”の重要性についても伝えます。

最終更新:5/12(金) 18:39
CDジャーナル