ここから本文です

大統領選での不正投票、トランプ氏が調査委設置に署名

朝日新聞デジタル 5/12(金) 10:11配信

 トランプ米大統領は11日、昨年の大統領選や連邦議会選での不正投票を調査する大統領諮問委員会を設置する大統領令に署名した。トランプ氏は大統領選で、不法移民ら選挙権のない人が不正に投票したと主張し、調査を約束していた。

 大統領令によると、諮問委員会はペンス副大統領が委員長を務め、十数人で構成する。有権者登録や投票の不正などがないか調査し、来年をめどに大統領に報告書を提出する。

 トランプ氏は大統領選で、数百万人の不法移民らがクリントン元国務長官に投票したと語っていた。全米の得票総数ではクリントン氏がトランプ氏を300万票近く上回ったが、この不正投票がなければ、得票総数でも自身が勝利していたと主張していた。(ワシントン=佐藤武嗣)

朝日新聞社

最終更新:5/12(金) 12:19

朝日新聞デジタル