ここから本文です

ロケ地めぐりも楽しい!変化を続けるラスベガスの最新映画スポット事情

5/12(金) 23:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] “映画の都”といえばハリウッドと相場が決まっているが、アメリカで最もエンタメに力を入れている都市といえばラスベガス。巨大で個性的なカジノホテルで有名だが、映画絡みのスポットも数知れない。猛スピードで変化を続ける享楽の街ラスベガスの、最新映画スポット事情をお届けします!

 ラスベガスを舞台にした映画は数多い。「オーシャンズ11」(01)に登場したベラッジオホテルの美しい噴水ショーはどんな観光ガイドにも紹介されている人気スポットだ。名門カジノホテル・シーザーズパレスは「レインマン」や「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」(09)で知られ、売店には「ハングオーバー」グッズが並んでいる。チャニング・テイタムが自らの主演作「マジック・マイク」(12)をモチーフにしたショー「MAGIC MIKE LIVE」をオープンさせたことは先日お伝えした通りである。

 もうひとつ、映画にちなんだショーが昨年6月にザ・パラッツォ・ホテルで始まった「BAZ」(2018年3月まで続演予定)。映画監督バズ・ラーマンの世界観を舞台化するというコンセプトで、「ロミオ+ジュリエット」(96)、「ムーラン・ルージュ」(01)、「華麗なるギャッツビー」(13)の名シーンを再現するレビューショーだ。ラーマンといえばケバケバしさと紙一重の絢爛豪華なビジュアルと音楽を融合させる天才であり、狂騒に満ちた一夜の夢のようなラスベガスにぴったりと言えよう。

 ハラーズホテルでは、60年代に活躍したボーカルデュオ、ライチャス・ブラザーズが定期公演中(6~8月は休演)。ライチャス・ブラザーズといえば代表曲「Unchained Melody」が「ゴースト/ニューヨークの幻」(90)でフィーチャーされて90年代にリバイバルヒット。またメンバーのビル・メドレーは「ダーティ・ダンシング」(87)の主題歌「Time of My Life」を歌っており、コンサート自体も「あの映画の名曲を!」を売りにしているのが特徴。「トップガン」(87)のサントラに提供した「You've Lost That Lovin' Feelin'」ももちろん歌ってくれる。

 お腹が空いたら必ず行くべきなのがマーク・ウォールバーグが兄のドニー・ウォールバーグと共同経営しているハンバーガー店「ウォールバーガーズ」。マークは「バーニング・オーシャン」(16)、「パトリオット・デイ」(16)、「トランスフォーマー 最後の騎士王」(17)と主演作がダンゴ状態の超売れっ子だが、ファミリービジネスとして始めた「ウォールバーガーズ」にも本気で取り組んでおり、昨年秋に西海岸エリアでは初店舗となるラスベガス店をオープンさせたばかり。

 場所はバリーズホテル前のショッピングエリア・グランドバザール内で、前述のベラッジオホテルの真向かいという超一等地。店内にはウォールバーグ一家の写真や、出演作のタイトルやポスターがディスプレイされている。

 メニューには「マークのお気に入り」「ドニーのお気に入り」とおススメが紹介されており、「ママのお気に入り」なんてものもある。そもそもが「ウォールバーガーズ」はバーガー自慢だったウォールバーグ家の家庭の味を楽しんでもらおうというコンセプト。冷凍ものは使用せず、絶品バーガーやこだわりの自家製レモネードを提供している。店名は完全にダジャレのネーミングだが、セレブのサイドビジネスと侮るなかれ。ソースと肉の相性が絶品でどのメニューを頼んでも美味い。

 すっかり観光ガイドみたいな記事になってしまったので、観光ガイドが絶対に無視する映画スポットも紹介しておこう。カジノ内で毎日サーカスをやっていることが売りの老舗ホテル「サーカス・サーカス」はドーム型遊園地「アドベンチャードーム」を併設しているのだが、遊園地内に「パシフィック・リム」(13)のアトラクションがあるのだ。

 『パシフィック・リム』といえば怪獣と巨大ロボットが激突する、4DX上映の人気を後押ししたSFアクション大作。これほどアトラクション向けのタイトルもない。早速9ドルのチケットを買って入ってみた(遊園地自体は入場無料)。

 場内にはシートベルト付きのシートが並び、間近に巨大スクリーンが広がる。ユニバーサルスタジオにあった「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のような体験型アトラクションだ……と言いたいが、規模は印象だけで言うと1/10以下。中身は「パシフィック・リム」の某バトルシーンに合わせてシートが揺れるだけで、様々な効果を駆使する4DX等が登場している現在の基準ではあまりにも原始的なもの。しかも映像の画質がビックリするほど悪い。すべてがロークオリティで笑うしかないシロモノである。

 ただ、シートの揺れに関しては、4DXやMX4Dがゆりかごに思えるくらいに激しい。場末の遊園地のノリを愛する向きには、ぜひこの雑なワイルドさを体験してみて欲しい。

 4DX的なアトラクションで言えば、ヴェネチアンホテルに併設の「マダム・タッソーの蝋人形館」がマーヴェル映画とのタイアップ企画を行っていて、マーヴェルヒーローが活躍するアニメを上映する体感型コーナーがあってそちらの方がはるかにクオリティが高い。館内ではハリウッドセレブ(の蝋人形)との記念写真も撮り放題なので、映画好きであれば行ってみて損はない。ラスベガスはロケ地めぐりのスポットも多く、「MAGIC MIKE LIVE」も年末まで公演が続くことが決定しているので、旅の目的地としてのご検討をお勧めいたします!(取材・村山章)

最終更新:5/12(金) 23:00
映画.com