ここから本文です

カシンがグレート・ニタの影に震える

東スポWeb 5/12(金) 16:47配信

“悪魔仮面”ケンドー・カシン(48)が11日に会見を行い「はぐれIGFインターナショナル」の設立を宣言。一方で“邪道”大仁田厚(59)の化身、グレート・ニタへの恐怖心を口にした。

 カシンはいきなり自身が所属していた「はぐれIGF軍団」の解散を10日付本紙紙面で知ったと明かすや「何も知りませんでした。ああいうのは解散ではなく、離脱というのではないでしょうか。はぐれの灯は消しません。今後は『はぐれIGFインターナショナル』としてやっていきます、ハイ」と宣言した。

 しかし悪魔仮面は質問も受け付けず「そんなことよりFMWだ」と勝手に話題を変更。邪道軍との金棒電流爆破6人タッグデスマッチが決まっているFMWの北海道ツアー(16日旭川、17日函館、19日札幌)に向け「北海道にニタが来るかもしれないと聞いた。どうなってるんだ」と主張し始めた。

「大仁田が相手と聞いていたのにおかしいじゃないか。今は恐怖しか感じない。ノイローゼになりそうだ。だってニタは鎌を持ってるんだぞ。鎌は刃物じゃないか。怖い、心底怖い…」と頭を抱えてしまった。

 反論したりおびえたりと忙しいヘソ曲がり男は「鈴木(秀樹)は大日本のチャンピオンなんだから、オレが大日本のジュニアリーグに出られるよう細工しろ。何のためのベルトだ?」と最後まで他人に難癖をつけまくり、サッサと会見場を後にした。

最終更新:5/12(金) 17:34

東スポWeb