ここから本文です

ローマの“王子”トッティ、自身の去就に言葉を濁す…引退撤回も現実味?

GOAL 5/12(金) 7:06配信

ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティの未来はいまだ不透明なままだ。本人の口から決断の言葉を聞くのにはもう少し時間が必要となる。

先日、ローマの新たなSD(スポーツディレクター)となったモンチ氏が、「今季が選手として最後の年となる」とトッティの引退を明言した。しかし、以降本人の口からは何も明らかにされておらず、本当に引退するかどうかも定かとなっていない。

トッティは近日中に詳細を発表するとしつつ、以下のような声明を出している。

「今はユヴェントス戦のことだけを考えている。最後まで優勝のために戦う必要があるからだ。残りはそれ以降に話すことになる。その時間はちゃんとあるだろうからね」

トッティは1993年に16歳でデビュー。ローマ一筋で、783試合でプレーし、307ゴールをマークしている。今シーズンはここまで3ゴールを記録しているが、勇姿を見られるのは今年で最後となるのか。注目が集まるところだ。

GOAL

最終更新:5/12(金) 7:06

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合