ここから本文です

神楽坂の住宅街にビストロ新店 料理人として集大成の場に /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 5/12(金) 13:10配信

 神楽坂駅矢来口近くの住宅街に5月3日、ビストロ「la gratitude(ラ・グラティチュード)」(新宿区矢来町、TEL 03-3266-0633)がオープンした。(市ケ谷経済新聞)

店内の様子

 店舗面積は約11坪。席数は店内16席とテラス4席。オーナーシェフの大坂尚久さんは、神楽坂通りで18年間営業したフランス料理店「ル・ロワズィール」を今年4月に畳み、これまでの集大成の場として新たなスタートを切った。

 店名はフランス語で「感謝の気持ち」。「お客さまに喜んでいただけるよう、今までできなかった料理やサービスなどを打ち出していきたい」と大坂さん。「以前は幅広いお客さまがいらしてくれたが、今度は静かな住宅街なのでゆっくりと食事を召し上がっていただき、喜んで帰っていただけるような店になれれば」と意気込む。

 メニューは、その日の前菜と主菜から1つずつを選ぶプリフィックススタイルのコース(3,000円)のみ。パテやリエット、ポテトフライを添えた牛ハラミ肉のステーキなど、以前からの人気メニューは残しつつ、オマールエビや、ホワイトアスパラガス、フォアグラなどを使った新たなメニューも提供する。

 これまでセットで提供してきたデザートは、より来店客の自由が利くよう別オーダー制とし、常時3~4品を用意。ドリンクメニューは、グラスワイン(赤・白各3種、ロゼ1種、600円~)やボトルワイン(2,800円~)など。

 営業時間は、ランチ=11時30分~13時30分、ディナー=18時~21時(以上ラストオーダー)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/12(金) 13:37

みんなの経済新聞ネットワーク