ここから本文です

<自民党>「改憲、具体案急ぐ」推進本部長が表明

毎日新聞 5/12(金) 12:57配信

 自民党憲法改正推進本部の保岡興治本部長は12日昼、同本部の会合で、安倍晋三首相が憲法9条改正と改正憲法の2020年施行に言及したことを踏まえ「総裁の並々ならぬ決意、大いなる期待を強く感じている。重く受け止めて、改正の原案を具体化するため議論を加速していきたい」と表明した。

 保岡氏は「具体的な案でなければ、なかなか国民の関心と理解が行き渡らない。具体的な案の作成を党として急ぐ」と強調。「今後、首相に直接(考えを)うかがい、党執行部ともよく相談して、推進本部の体制を作っていきたい」と述べた。

 一方で、国会の憲法審査会の運営に関しては「野党、与党の区別なく徹底的に議論を尽くす。政局から切り離すことが大前提だ」と述べ、与野党協調路線に一定の理解を示した。【小田中大】

最終更新:5/12(金) 13:02

毎日新聞