ここから本文です

サッカー=爆発事件で負傷のバルトラ、練習に復帰

ロイター 5/12(金) 11:32配信

[11日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガで香川真司が所属するドルトムントのDFマルク・バルトラが、先月のバス爆発事件で負傷して以来初めてトレーニングに復帰した。

先月11日、欧州チャンピオンズリーグ準々決勝のモナコ戦に向かう途中、ドルトムントの選手らが乗っていたバスが爆発事件で被害を受け、バルトラは橈(とう)骨を骨折、腕には爆発による破片も入ったため、手術を受けた。

バルトラは10日、自身のツイッターにチームメートとトレーニングしている写真と共に「ここ数週間、この瞬間を待ち望んでいた。今日ここにいることができてとても嬉しい。仲間の隣でまたプレーすることが待ちきれない」と投稿した。

現在ブンデスリーガで2試合を残して3位のドルトムントは、27日にドイツ・カップ(杯)決勝で長谷部誠の所属するアイントラハト・フランクフルトと対戦する。

最終更新:5/12(金) 11:32

ロイター