ここから本文です

乳がん闘病中・藤山直美が舞台再降板「今しばらくお時間を」

東スポWeb 5/12(金) 16:46配信

 乳がんで闘病中の女優・藤山直美(58)が、10月上演の舞台「ええから加減」(東京・日比谷シアタークリエ)を降板することが11日、東宝から発表された。加療・静養の期間を延ばすためで、舞台では代わりに別作品が上演される。

 藤山は2月に初期の乳がんと診断されたことを公表し、3、4月に予定していた主演舞台「おもろい女」の上演が中止になっていた。「ええから加減」はダブル主演の高畑淳子(62)とのコンビ復活と話題で、藤山の復帰作となる予定だった。

 藤山は「お医者様からは、より万全を期すためには、今しばらくの療養が必要との診断を戴きました」と東宝を通じたコメントで経緯を報告。続けて「順調に回復を続けておりますが、自分で自信が持てる舞台を勤められる(原文ママ)までには、今しばらくお時間を賜りたいと思います」とした上で「お客様のお気持ちを思いますと、大変に心が痛み、申し訳ない気持ちで一杯です」と無念さをにじませた。

最終更新:5/12(金) 16:46

東スポWeb