ここから本文です

【ソフトバンク】川崎、日米通算1500安打を達成

スポーツ報知 5/12(金) 6:09配信

◆ソフトバンク7―0オリックス(11日・福岡ヤフオクドーム)

 川崎が“日本式”でファンの歓声に応えた。3回先頭で中前打し、日米通算1500安打を達成。「1500本もヒットを打てると思わなかった。スペシャルな日になった」。一塁ベース上で一度は右手を上げたが、「ジャパニーズスタイルでね」とヘルメットをとり深々と頭を下げた。

 「積極的にいこうと思っていた」。初回先頭でディクソンの初球をシャープにはじき返し三塁線を破る二塁打。5回にも左前打し、日本では4安打した11年10月13日の日本ハム戦(札幌D)以来の猛打賞。得点に直結しなかったが、打線を活気づけて、12安打7得点の快勝を呼んだ。

 川崎復帰でタカは勢いづいた。4月27日時点で12勝11敗。首位・楽天に5ゲーム差だった。だが、川崎が1軍に昇格した同28日から怒とうの10勝2敗。首位の楽天に2・5差の2位だ。

 「声が出るし、それによって声を出す選手が増えた」と工藤監督は証言する。2回に先制犠飛の上林も「毎回『集中して打席に入れ』と声をかけてくれる」と感謝する。人工芝球場での疲労を考慮されて欠場する試合もあるが、率先してベンチのムードを盛り上げている。7回の松田のソロの際には、ベンチで両手を組み、天に感謝を示すポーズ。「ムネ神様に感謝しています。みんな一生懸命、練習している。かわいい後輩が打つとうれしい」と、ムネ節もさく裂させた。

 日本で1351安打、メジャーで150安打。「2000本打てるようなすごい選手になれる自信もない。あしたけがして終わる可能性もある。1999本でも引退できる自信がある」。13日からは首位・楽天との2連戦。川崎は日々、完全燃焼する。(戸田 和彦)

最終更新:5/18(木) 7:53

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(木) 5:20