ここから本文です

AKB向井地美音 総選挙「神7入り」公約は“ブルマー滝行”

5/12(金) 20:31配信

東スポWeb

 横山由依(24)、柏木由紀(25)、峯岸みなみ(24)、向井地美音(19)らAKB48メンバー16人が12日、東京・秋葉原の専用劇場で「サムネイル」初日公演を迎え、公演前に報道陣向けの公開ゲネプロを行った。

 昨年の第8回選抜総選挙で、80位以内に入った最多議席数のグループメンバーによる新公演。AKBが80議席中、国内5グループ最多28議席を獲得し、“ご褒美”として、今回の新公演を勝ち取った。

 公開ゲネプロ後の囲み取材では、6月17日に沖縄で開票イベントが行われる「第9回AKB選抜総選挙」の話題に。報道陣から目標を聞かれると、峯岸は「総選挙は結果はもちろんだけど、スピーチが肝になってくる。数々の名言を残したメンバーがいなくなった今、新しいメンバーもいる中を誰かにモノマネしていただける名言を残せたらと思います」と意気込んだ。

 4月に卒業した小嶋陽菜(29)は同じ1期生で親友だが、峯岸は「小嶋さんはソロになってもご活躍なので、何票か入れてくれると期待しています」と笑わせた。

 昨年の総選挙で“神7(上位7人)”入りした4位のNMB48山本彩(23)、同5位の柏木が今年は出馬を辞退した。高橋朱里(19)は「神7を目標にしている。いろんな若手がチャンスだと思っている。去年15位だったんですけど、油断せずにもっと上を目指したい」ときっぱり。瀬戸内7県を拠点に誕生した新姉妹グループ「STU48」キャプテンを兼任する岡田奈々(19)も「AKBもSTUとしても、ここは絶対神7に入って、どちらのグループにも貢献できるように、頑張りたい」と力を込めた。

 もっとも覚悟を感じさせたのは、昨年13位の向井地美音(19)。向井地は「私も目標は神7です。あと、今年もAKB48が第一党はもちろん、選抜16位以内で第一党、神7でも第一党になることが目標です」と“AKB完全勝利”を宣言した。

 そんな向井地に本紙が神7入りの目標を達成した場合の公約を要求すると、「怖い~!」と言いながらも「氷風呂に水着で入ろうかな」「超冷たい滝に水着で入る、とか」などしばらく熟考。高橋らメンバーから「初心を忘れずにブルマーで!」とつつかれると、向井地は「超冷たい滝にブルマーで入ります!」と“ブルマー滝行”を公約に掲げた。

 3連覇を目指すHKT指原莉乃(24)は過去に1位の公約に掲げた「滝行」「水着姿でライブ」「水着姿で熱湯風呂」を実現させてきたが、向井地はあえて女王に寄せた公約で、対抗心をむき出しにした格好だ。

 そんな後輩たちに刺激された峯岸も「在籍するからにはやっぱり負けたくないので、私も神7を目指す」と宣言。同じく神7を掲げた総監督の横山は「バチバチですね!」とうれしそうだった。

最終更新:5/12(金) 20:35
東スポWeb