ここから本文です

トイロジックが“A 5th of BitSummit”にて『Happy Wars』と『ハッピーダンジョン』をプレイアブル出展

5/12(金) 22:02配信

ファミ通.com

●試遊された方にはオリジナル特製缶バッジをプレゼント
 2017年7月20日、21日に京都市勧業館みやこめっせにて開催されるインディーゲームの祭典“A 5th of BitSummit”にトイロジックが出展(ブース番号:2)。Windows 10版『Happy Wars』と『ハッピーダンジョン』をプレイアブル出展することを発表した。

 会場では、発売以降もアップデートを重ねている『Happy Wars』と『ハッピーダンジョン』の最新バージョンを出展。『Happy Wars』はWindows 10 タブレットPC、『ハッピーダンジョン』はXbox Oneで遊ぶことができる。また、『Happy Wars』か『ハッピーダンジョン』をプレイした人には、オリジナル特製缶バッジがプレゼントされる。プレゼントはなくなり次第配布終了とのことなので、早めの体験がオススメ。


 Windows 10版『Happy Wars』は最大16人でのオンライン対戦が楽しめる基本プレイ無料の大規模マルチプレイアクションゲーム。コミカルなキャラクターがたくさんのファンタジー世界で、ハチャメチャな大乱闘やアツい攻城戦、大魔法合戦が楽しめる。特徴的な6つのクラスや数千種類以上のバリエーション豊かなアイテムでキャラクターをカスタマイズして、クイックマッチや協力モード、スペシャルルール、ストーリーキャンペーンなどがプレイできる。

 Happy ユニバースをさらに広げるWindows 10版は、Xbox One版とのクロスプレイならびに3プラットフォームでのクロスセーブに対応、Xbox版をプレイしている人はランクや入手した装備アイテムなどのゲームの進行状況を引き継いでプレイ可能だ。デスクトップPCはもちろん、専用のグラフィックカードを搭載していないノートPCやタブレットPCでも遊ぶことができる。

 『ハッピーダンジョン』は最大4人で楽しめる基本プレイ無料の本格的なハック&スラッシュタイプのアクションRPG。
 やりごたえのある10章約50クエストのダンジョン、重装備の“戦士”、サポート役の“クレリック”、遠距離攻撃が得意な“魔法使い”の3つの職種、ゴブリンやエイリアン、コミカルな人間たちといったさまざまな敵種族、180種類以上のスキル、1500種類以上の装備アイテムが提供され、プレイヤーはハック&スラッシュのアクションや豊富なカスタマイズを十分に堪能できる。また、オンラインマルチプレイや画面分割による最大4人の協力プレイに対応している。

 リリースによると、「『Happy Wars』、『ハッピーダンジョン』ともに長年のサービス提供の中で、新たなアイテムやゲームモード、レベルなどが追加されており、ファンのフィードバックを受けて絶えずゲームが進化、今後も大型アップデートの配信を予定しています」とのことだ。

最終更新:5/12(金) 22:02
ファミ通.com