ここから本文です

ヨーヨーのまち、地元産「入門機」作ろう 愛知・岩倉

朝日新聞デジタル 5/12(金) 12:40配信

 「ヨーヨーのまち」を掲げる愛知県岩倉市で、地元だけでヨーヨーを作る計画が進んでいる。世界チャンピオンらが手がけ、目指すのは「本格派の入門機」。ヨーヨーは「気軽にできる老化防止」と訴え、ブーム再来を願っている。

【写真】試作の岩倉産ヨーヨーでトリック(技)を繰り出す城戸慎也さん=愛知県岩倉市

 4月上旬、岩倉市内で開かれた桜まつりのステージで、「岩倉産ヨーヨー」の試作機のデモンストレーションがあった。2009年の世界大会で部門優勝した城戸慎也さん(27)=同市=が、目にもとまらぬ早業でトリック(技)を披露すると、花見客から歓声が上がった。

 「岩倉MADEヨーヨー」プロジェクトは、岩倉の人や企業だけでヨーヨーを作り、市民に親しんでもらいながら、観光資源としてまちをPRする計画。2年ほど前から動き出した。

 多くのプロや上級者が使うのはアルミなどの金属製で、安いもので4千円から5千円ほど、中には数万円するものもある。プロジェクトでは、プラスチック製で入手しやすい手頃な価格ながら、色々な技を習得できる入門機を目指す。年内の商品化が目標という。

朝日新聞社

最終更新:5/12(金) 12:40

朝日新聞デジタル