ここから本文です

伝統の流鏑馬、勇壮に=富山県射水市〔地域〕

時事通信 5/12(金) 10:32配信

 富山県射水市の下村加茂神社で、約1000年前から続くとされる春の伝統祭事「やんさんま祭り」が行われた。流鏑馬(やぶさめ)が見どころの一つ。疾走する馬上から巧みな手さばきで弓矢を操る騎手の勇壮な姿に、集まった見物客が大きな歓声と拍手を送った。

 下村加茂神社の流鏑馬で使うのは全長約4メートルの大弓。古式の衣装に身を包んだ騎手が、両手を使って大弓を引き、約5メートル離れた的に向けて矢を放った。矢は幸運を招くとされている。

 市によると、疾走する馬のスピードは時速20~30キロメートルに及ぶ。

 やんさんま祭りは、五穀豊穣(ほうじょう)を祈り始まったとされる祭事。1967年に富山県の無形民俗文化財に登録されている。 

最終更新:5/12(金) 11:34

時事通信