ここから本文です

【ヴィクトリアM】レッツゴードンキは“肝っ玉母ちゃん”取材攻勢にも全く動じず

5/12(金) 21:38配信

東スポWeb

【ヴィクトリアマイル(日曜=14日、東京芝1600メートル)栗東トレセン発秘話】取材する立場の人間が言うのもなんだが、取材をされる側は大変だ。重賞、特にGIともなれば、次から次へと報道陣が押し寄せ、質問攻めに。また馬房まで馬を見に来る人間も少なくはなく、繊細な牝馬などは、こういったことで、カイバ食いが落ちたりするケースもある。が、この手の経験こそが馬を強くする面もあるようで、ヴィクトリアマイルに出走するレッツゴードンキは、まさにその一例と言えようか。

 水曜(10日)の遅い時間、梅田厩舎をのぞくと、ほとんどの人間が帰った中、レッツゴードンキの馬房だけ、扉が開いていて、テレビカメラの取材を受けていた。そのシーンを遠巻きに見ていた担当の寺田助手はこう口にした。

「この取材の前にも、もうひとつ馬房で取材があったんです。でも、もう馬も慣れたものですよね。カメラが近づいても怒ったりせず、平然としている。デビュー2戦目からずっと重賞ばかり走ってきて、その都度、取材を受けてきた。その分、馬もカメラ慣れしてますわ」

 新馬戦V後、前走の高松宮記念(2着)まで19戦連続で重賞を走ってきたレッツゴードンキ。これはもちろん出走メンバー中最多。特に桜花賞V後はGI馬として常に周囲から注目され続けてきた。そんな経験が、馬に少々の“雑音”でも動じないメンタルを培わせたのだろう。カイバ食いが細い面もあった2~3歳時に比べ、使うごとに体が増えてきた体重面からも、年を重ねて、心身ともにドッシリしてきたことがうかがえる。

「最近は馬場入りでも以前みたいにガツンと行くこともなく、常歩(なみあし)で歩けるようになった」と梅田調教師。今週も取材攻勢を“難なくこなしていた”レッツゴードンキの姿を見ると、今回も落ち着いて返し馬ができるだろうし、マイルでも制御できない走りになることはまずないのでは。

最終更新:5/12(金) 21:38
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ