ここから本文です

稀勢の里、初日は嘉風=白鵬は千代の国と対戦―大相撲夏場所

時事通信 5/12(金) 10:36配信

 日本相撲協会は12日、大相撲夏場所(14日初日、東京・両国国技館)の取組編成会議を開き、初日と2日目の幕内取組などを決めた。3場所連続優勝を狙う稀勢の里は初日に小結嘉風、2日目に隠岐の海の挑戦を受ける。

 他の横綱は、6場所ぶりの賜杯奪還を目指す白鵬は千代の国、嘉風、鶴竜は小結御嶽海、千代の国、日馬富士は関脇琴奨菊、遠藤の順で対戦が組まれた。大関陣の初日は、照ノ富士が遠藤、かど番の豪栄道が隠岐の海とぶつかる。大関昇進が懸かる高安は大栄翔、豪栄道の順で対戦。 

最終更新:5/12(金) 12:59

時事通信