ここから本文です

vivid undress「ENDLESS」収録内容&新ビジュアル公開

音楽ナタリー 5/12(金) 14:02配信

vivid undressが7月5日にリリースする3rdミニアルバム「ENDLESS」の収録内容と新たなアーティストビジュアルを公開した。

【写真】「MONOLITHIC RECORDINGS」ロゴ(他1枚)

自主レーベル「MONOLITHIC RECORDINGS」からのリリースとなる今作には、セルフプロデュースのナンバーを6曲収録。vivid undressが作品の収録曲すべてをセルフプロデュースで楽曲を制作するのは今回が初となる。

新ビジュアルと合わせてレーベルロゴも発表された。ロゴにはメンバーと親交の深いBARBARSの湊梨央子(Vo, G)が描いた「がっしりと団結して、決して揺るがない一枚岩。けれど、そんな確固たる信頼関係があるからこそ、どんなものにも変化していける5人の個性や柔軟性を表す、凸凹で綺麗に整っていない5角形の岩」がデザインされている。

vivid undressは今作を携え7月から9月にかけてツアーを開催。7月13日の東京・下北沢SHELTERから、9月14日の東京・TSUTAYA O-Crestまで9会場を回る。

vivid undress「ENDLESS」収録曲
01. My Real
02. ウィキペディア
03. 私メンヘラなんかじゃないもん 
04. さよならジレンマ
05. 天上の宴
06. ウララ

ウツミエリ(Dr)コメント
vivid undressは、前作「Prevail」のリリースツアーを終えて、一度大きく躓きました。
幾度となく話し合い、時にぶつかり合う中でやっと、しっかり地に足をつけて立ち上がり、一歩ずつでも、前に進むことを選びました。

他人に任せきりだったことを、0から自分達で動かしていかなければならなくなった時、今まで自分達がどれだけわかっていなかったか、バンドの為に尽力してくださる方々にどれだけ支えられ、助けられてきたか、思い知ると同時に、次の作品にかける思いはどんどん強くなっていきました。
その思いが、楽曲制作のハードルを今まで以上に上げることになりました。

レコーディング日程が決まり、タイムリミットが刻々と迫る中でも、一度作ったものを何度も壊しては、もっといいものが出来る、もっとvivid undressにしか表現し得ない楽曲があるはずだ、と、毎日毎日制作にあけ暮れました。

レコーディングが終わった時の、
これまでに感じたことのない達成感と興奮は、楽曲制作に費やした膨大な時間も労力も、今までの自分達の良い経験も悪い経験も、全ては必然であったのかもと、感じさせてくれるものでした。

Vo kiilaの言葉を借りるなら、
「1度しかない私たちの、
今までがあったから有る、
今しかない今。そんな作品。」

2017年7月5日、この音に触れる皆様へ。
是非とも“ENDLESS”に聴いてやってください。

vivid undress 3rd mini album "ENDLESS" release tour
2017年7月13日(木)東京都 下北沢SHELTER
2017年7月26日(水)愛知県 池下CLUB UPSET
2017年7月29日(土)新潟県 CLUB RIVERST
2017年8月20日(日)熊本県 熊本B.9
2017年8月22日(火)福岡県 Queblick
2017年8月23日(水)鳥取県 米子 AZTiC laughs
2017年8月24日(木)大阪府 北堀江club vijon
2017年9月3日(日)茨城県 mito LIGHT HOUSE
2017年9月14日(木)東京都 TSUTAYA O-Crest

最終更新:5/12(金) 14:02

音楽ナタリー