ここから本文です

3Dプリンタなどを活用したオーダーメイド製品のオンラインショップ

MONOist 5/12(金) 16:50配信

 Monovationは2017年4月23日、オーダーメイド製品のオンランショップ「MonoSalon(モノサロン)」の本格リリースを発表した。同年3月から開始したセミオーダー製品限定の先行リリースにフルオーダー機能が追加され、より多様なオーダーメイド製品への対応が可能になる。

 MonoSalonは、写真/イラスト/文字などを手軽に3Dデザインできるよう開発したオンラインプレビューシステムを特徴とする。今回追加したフルオーダー機能では、3次元の製品は3Dプリンタで、2次元の製品はレーザーカッターで、データ作成から造形まで対応する。個人ユーザーの他、冶具/試作品/模型/少量生産の部品/記念品/ノベルティなどを製作する法人ユーザーの利用も想定する。

 例えば、オーダーメイドのテーブルライトでは、写真の濃淡を凹凸のある立体に表現するなど、3Dプリンタの特徴を生かした立体感のある画像/イラスト/文字でデザインできる。多くの部分を内製化したことにより、低価格化を実現した。

 今後は商品ラインアップの拡大やプレビュー機能の追加/改善に加え、誰でも自由にデザインを出品できるマーケットプレイス「デザイナーズ」機能を追加する予定。さらに、デジタル造形技術に特化した「モノを作りたい人」と「作れる人」をマッチングするクラウドソーシングプラットフォーム「MonoConnect(モノコネクト)」も現在開発中だ。

最終更新:5/12(金) 16:50

MONOist