ここから本文です

<社会人野球>日通・藤嶋 都市対抗を前に完全復調

毎日新聞 5/12(金) 19:54配信

 ○日本通運3-2スバル●(12日・JABA九州大会決勝)

 激しく打ち立てる雨を強烈なライナーで突き破った。日本通運が同点で迎えた八回2死三塁。決勝打をたたき出したのは“絶好調”の藤嶋だった。

 「この天候だからショートバウンドはない。低めは捨てる」。藤嶋は打席で冷静な判断をした。スバルの2番手・高橋の甘くなったフォークを完璧に捉えて右前に運び、大会9本目の安打に両手をたたいて喜んだ。

 九州大会前は極度の不振だった。4月の日立市長杯では3試合で1安打。もがく主砲を救ったのは藪監督の一言だ。「重心をつま先にかけろ」。体が開かず、ボールを呼び込めるようになると、予選リーグのビッグ開発ク戦では3本塁打と大当たり。「良いイメージで打席に入れている」と完全に復調した。

 「都市対抗を前に藤嶋が当たってきたのは大きい」と指揮官も納得の表情。昨年優勝した北海道大会が東北大会と統合されたため参加できず、4年ぶりに九州大会に顔を見せた。藤嶋は「大事なところで一本を打てるよう継続していきたい」。53年ぶりの都市対抗の頂点に向けて、カギを握る男が九州の地でよみがえった。【生野貴紀】

最終更新:5/12(金) 23:03

毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(木) 20:15