ここから本文です

再生医療クリニックに停止命令 厚労省、計画書提出せず

朝日新聞デジタル 5/12(金) 18:39配信

 厚生労働省は12日、国への提出が義務づけられた計画書を出さずに再生医療を実施したとして、「スタークリニック」(東京都港区)に再生医療安全性確保法に基づく治療の一時停止の緊急命令を出した。同省はクリニックに患者の健康被害の有無などを報告するよう求めた。

 クリニックのホームページによると、クリニックは抗加齢医療や美容医療などを行っている。厚労省によると、クリニックは昨年11月~今年1月、少なくとも患者2人に対し、患者自身の脂肪から取り出した幹細胞を使った治療をした。

 本来は国が認めた有識者らでつくる委員会で、治療計画の内容のチェックを受け、国に計画書を届け出なければならない。だが、このクリニックは委員会での審議が途中で、国への届け出をしていなかった。

朝日新聞社

最終更新:5/12(金) 18:39

朝日新聞デジタル