ここから本文です

特別支援学級のわいせつ事件、市は争う姿勢 愛知の訴訟

朝日新聞デジタル 5/12(金) 18:53配信

 愛知県豊田市の市立小学校で2014年、特別支援学級の女子児童が担任の男からわいせつ被害を受けたのは、学校が安全配慮や監督を怠ったためだとして、女子児童の親が市に600万円の損害賠償を求めた裁判の第1回口頭弁論が12日、名古屋地裁岡崎支部であった。市側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 原告は訴状で、担任だった元教諭は、前任校で女子生徒の体を触ったと保護者から苦情を受ける「トラブル」があったが、市教育委員会が適切な指導や監督をしないまま小学校に赴任させたと主張している。

 市側は答弁書で、トラブルについて「『事実確認できなかった』と学校から報告を受けた」と説明し、市や校長の管理監督義務、安全配慮義務に違反はなかったと主張した。根拠は「追って詳述する」とした。

 訴状などによると、元教諭は14年10月、教室内で被害児童の服を脱がせて写真を撮るなどのわいせつ行為をした。16年に強制わいせつなどの容疑で逮捕され、有罪が確定。懲戒免職処分を受けた。(大野晴香)

朝日新聞社

最終更新:5/12(金) 19:04

朝日新聞デジタル