ここから本文です

ANA、徳島県の名産品・伝統・歴史を特集する「Tastes of JAPAN by ANA TOKUSHIMA」を6月~8月実施

Impress Watch 5/12(金) 15:23配信

 ANA(全日本空輸)は、47都道府県の食や文化を国内外に向けて発信する「Tastes of JAPAN by ANA」の第16弾で、栃木、千葉、徳島の3県を取り上げる。このうち、徳島県での取り組み「Tastes of JAPAN by ANA TOKUSHIMA」について、5月11日に徳島市内のホテルで記者会見を行なった。

【この記事に関する別の画像を見る】

 このプロジェクトは食・酒・スイーツ・文化をテーマに、3カ月サイクルで3つの都道府県を取り上げるもので、第16弾の期間は6月~8月。機内やラウンジで提供する食事、空港内店舗や通販サイトの商品に各地の特産品などを取り入れることで、地域の魅力を国内外にアピールする。

 また、この会見に先立ち、ANAHD(ANAホールディングス)と徳島県の間で、観光振興・地産外商の協力・文化活動の支援・移住の促進などを主眼とする包括連携協定が締結され、ANAHD 代表取締役社長 片野坂真哉氏と徳島県知事 飯泉嘉門氏が調印した。

■徳島のグルメ・文化を国内外にアピールする

 まず登壇したANAHD 片野坂氏は、飯泉氏をはじめ、来賓の徳島商工会議所 会頭 中村太一氏、徳島県酒造組合 会長 吉田映治氏、さらには食材などの生産・製造元に感謝を述べ、「徳島空港が2月に開港50年を迎えた記念すべき年に、ANAHDと徳島県とで包括連携協定を締結致しました。観光振興、食の振興などを通じて徳島ブランドを国内外に発信していきます。

 本日のTastes of JAPAN by ANA TOKUSHIMAは、協定の第1陣です。観光はなんといっても『阿波踊り』、そして『鳴門の渦潮』。徳島の魅力ある観光資源をドローンの空撮によって、これまで見たことのないアングルで撮影して、機内のビデオでご紹介します」と続けた。

 また、片野坂氏が2011年に徳島を訪れて知事と面談した折、ぜひANA職員も阿波踊りに参加すべきと当時の徳島支店長を促し、パイロットやCA(客室乗務員)、整備士、空港係員など約100名が3年前から阿波踊りに参加しており、今年で4年目になるというエピソードも語られた。

 続いて登壇した飯泉氏からは、Tastes of JAPAN by ANAで徳島が取り上げられることの喜びが語られたあと、「食材の供給地・徳島は、『阿波ふうど』を統一ブランド名としてPRを進めています。さらに、徳島の米・徳島の水からなる徳島の酒を世界に売り出していきたいと考えており、今回のTastes of JAPAN by ANAは非常によい機会」であるとした。

 対象期間が6月~8月であることについては、「夏の食材といえばハモ(鱧)。これがなければ夏が始まらない」と断言。以前は東京ではあまりハモは食べられていなかったが、現在では築地が最大の消費地になっていると紹介した。

 Tastes of JAPAN by ANA TOKUSHIMAではハモ料理が国際線ファーストクラスで提供されるが、生産高日本一のしいたけ、名産の蓮根と合わせて、国内外にアピールできるチャンスと捉えているという。

 文化については、「1918年6月1日、徳島県の板東俘虜収容所に収容されていたドイツ人捕虜が帰国する際、オーケストラでベートーベンの交響曲第9番(第九)を演奏したことがアジア初演・日本初演であり、2018年にちょうど100周年を迎えます。昨年から2000人を超える合唱団を結成しており、『第九の聖地・徳島』を全世界にアピールしたい」と意気込みを述べた。

■Tastes of JAPAN by ANA TOKUSHIMAで展開する企画

 ここで、ANA 徳島支店長 佐野秀史氏がスライドを交えて、Tastes of JAPAN by ANA TOKUSHIMAの具体的な企画内容について説明した。

 ラウンジと機内で提供するメニューには徳島県産のハモや牛肉、コチ、ちいたけ(小さいしいたけ)、鳴門金時などの地元食材をふんだんに盛り込んでおり、国際線ラウンジや国際線ファーストクラス/ビジネスクラスで味わうことができる。また、国際線ラウンジでは3カ月間、月替わりで計13銘柄の酒を提供する。

□ラウンジで提供するメニュー

提供ラウンジ:羽田空港国際線 ANA SUITE LOUNGE DINING h
期間:2017年8月1日~8月31日
メニュー:
・徳島県産牛フィレのステーキ すだちぽん酢
・徳島県産コチのテフ焼き 白胡麻、豆板醤ソース
・ANAオリジナルパフェ 和味徳島

提供ラウンジ:羽田空港/成田空港国際線 ANA SUITE LOUNGE
期間:2017年6月1日~8月31日
メニュー:
・なると金時を使用したスイートポテト
・芋きんつば

□機内で提供するメニュー

提供路線:欧米路線、シンガポール路線
提供クラス:ファーストクラス
期間:2017年6月1日~8月31日
メニュー:
・帆立貝のムースを包んだ徳島県産鱧のスチームにサフランとトリュフの香りのクリームソース
・和牛フィレ肉のグリル徳島県産ちいたけ添え ほのかな醤油風味のジュードヴォー
・マグロのタルタル 黒胡椒風味と鮑のエチュベ 徳島県産黒人参のロースト添え
・阿波和三盆クリームあんみつ

提供路線:バンコク、シンガポール、ジャカルタ、クアラルンプール
提供クラス:ビジネスクラス
期間:2017年6月1日~8月31日
メニュー:
・郷土料理 徳島

提供路線:大連・杭州
提供クラス:ビジネスクラス
期間:2017年7月1日~7月31日
メニュー:
・徳島県産花れんこんのピクルス

□ラウンジ内「國酒」特設エリアで提供する酒

提供ラウンジ:羽田空港国際線 ANA LOUNGE
期間:2017年6月1日~6月30日
銘柄:
・吉本醸造株式会社「眉山 特別純米酒」
・近清酒造「入鶴 純米酒」
・日新酒類株式会社「瓢太閤 吟醸」
・三芳菊酒造株式会社「三芳菊 特別純米胡春」

提供ラウンジ:羽田空港国際線 ANA LOUNGE
期間:2017年7月1日~7月31日
銘柄:
・津乃峰酒造株式会社「津乃峰 阿波美人」
・株式会社本家松浦酒造場「鳴門鯛 純米吟醸」
・合名会社中和商店「今小町 四代目和右衛門特別純米」
・鳴門金時蒸留所「情留酒鳴門金時焼き芋」

提供ラウンジ:羽田空港国際線 ANA LOUNGE
期間:2017年8月1日~8月31日
銘柄:
・那賀酒造有限会社「旭若松 純米酒火入加水」
・司菊酒造株式会社「司菊 純米酒穴吹川」
・芳水酒造有限会社「芳水 特別純米」
・日新酒類株式会社「里娘」

提供ラウンジ:関西空港国際線 ANA LOUNGE
期間:2017年6月1日~8月31日
銘柄:
・有限会社斎藤酒造場「御殿桜 純米吟醸」
・芳水酒造有限会社「芳水 特別純米」

 機内サービスとしては、機内誌「翼の王国」の8月号で徳島の食を特集する予定としており、吉野川上流の半田川流域で作られている「半田そうめん」に焦点を当てる。機内番組「SKY EYE ~空からのメッセージ~ 徳島編」では、会見冒頭で片野坂氏からも紹介のあった空撮映像を放映することが決まっており、国際線の全便/国内線の奇数便で見ることができる。

 ラウンジと機内で提供するメニューを関係者が試食する時間も設けられ、欧米/シンガポール路線などのファーストクラスで提供する「帆立貝のムースを包んだ徳島県産鱧のスチームにサフランとトリュフの香りのクリームソース」と、羽田空港国際線ANA SUITE LOUNGE DINING hの「ANAオリジナルパフェ 和味徳島」を片野坂氏、飯泉氏らが試食。自然と笑顔がこぼれていた。

 会見の最後には、ANA 上席執行役員 関西支社長 新居勇子氏が登壇し、2013年から始まったTastes of JAPAN by ANAも6月から残すところ6県となり、いよいよ大詰めであると説明。

「ゴールデンウィークの前半にニュージーランド・オークランドへ行って参りました。これは30歳以上であれば誰でも参加できる国際総合競技大会『ワールドマスターズゲームズ』を視察するためで、次回2021年は関西で行なわれることが決まっています。

 32競技55種目のうち、徳島でもゴルフ、ボーリング、ウエイトリフティング、カヌー、トライアスロン2種、阿波マラソンを開催します。大会全体では5万人の参加者を見込んでおり、そのうち2万人が外国人です。選手の多くは家族連れで、競技後は観光で2週間程度滞在すると聞いております。このTastes of JAPAN by ANAを通じて徳島の魅力を国内外へ発信し、来たる2021年には多くのスポーツ愛好家とご家族に徳島に来ていただけることを期待しております」と会見を締めくくった。

トラベル Watch,編集部:松本俊哉

最終更新:5/12(金) 15:23

Impress Watch