ここから本文です

邦人6人国外退去=パプア州でドキュメンタリー撮影―インドネシア

時事通信 5/12(金) 16:14配信

 【ジャカルタ時事】インドネシア・パプア州の入管当局は11日、日本人6人が許可を受けずに取材活動を行ったとして、国外退去処分としたと発表した。

 
 入管当局によると、6人は5月初め、インドネシアに入国し、パプアで現地住民のドキュメンタリーを撮影。その後、当局によって身柄を拘束され、取材ビザを持っていなかったことから11日に退去処分となった。6人はジャーナリストらで構成され、日本に拠点を置く会社に所属していたとみられる。

 当局者は「取り調べで彼らは撮影目的だったことを認め、日本で公開するつもりだったと話した」と明らかにした。 

最終更新:5/12(金) 16:32

時事通信