ここから本文です

<大相撲>元関脇・朝赤龍が引退 年寄「錦島」を襲名

毎日新聞 5/12(金) 21:09配信

 日本相撲協会は12日、モンゴル出身で4月に日本国籍を取得した元関脇で西幕下14枚目の朝赤龍(35)=本名バダルチ・ダシニャム、高砂部屋=の現役引退と年寄「錦島」の襲名を承認したと発表した。今後は高砂部屋の部屋付き親方として後進の指導に当たる。

 朝赤龍は1997年にモンゴルから1歳上で後に横綱となる朝青龍と高知・明徳義塾高に相撲留学。朝青龍の1年後の2000年初場所に同じ若松(現・高砂)部屋から初土俵を踏んだ。

 新十両は02年名古屋場所で、新入幕は03年春場所。左四つからの出し投げなどを武器に04年春場所は初日から12連勝するなどして13勝を挙げた。幕内在位59場所。三賞を4回(殊勲1、敢闘1、技能2)獲得した。

 15年九州場所を最後に十両へ落ち、今年初場所に幕下へ陥落。高砂部屋は138年ぶりの関取不在となった。

【飯山太郎】

最終更新:5/12(金) 21:22

毎日新聞