ここから本文です

元関脇朝赤龍の「錦島」襲名を承認 モンゴル出身で3人目の親方に

デイリースポーツ 5/12(金) 18:19配信

 日本相撲協会は12日、理事会でモンゴル出身の元関脇朝赤龍(35)=高砂、本名バダルチ・ダシニャム=が現役を引退し、年寄「錦島」を襲名したことを承認した。4月21日に日本への帰化が認可されていた。

 モンゴル出身力士で引退後に親方となるのは元関脇旭天鵬の大島親方、1月に亡くなった元小結時天空の元間垣親方に次ぎ3人目。

最終更新:5/12(金) 18:47

デイリースポーツ