ここから本文です

<安倍首相>「改憲案まとめ」指示 自民推進本部長に

毎日新聞 5/12(金) 21:44配信

 安倍晋三首相(自民党総裁)は12日、党本部で保岡興治・党憲法改正推進本部長と会い、党の改憲案をまとめるよう指示した。首相は「衆参両院の憲法審査会に出すわが党の案をしっかりまとめる努力をしてほしい」と伝えた。また、菅義偉官房長官は同日の記者会見で、憲法改正に関する国民投票と国政選挙の日程が重なっても問題ないとの認識を示した。

 首相は憲法9条1項と2項を残しつつ、自衛隊を明記する改憲案を提案し、2020年に施行したいとの考え。保岡氏は記者団に「精いっぱい努力し、できるだけ早く良い案を出せるように努力したい」と語った。ただ、野党に配慮し具体的な時期は頭にないと強調。また、改憲項目に関し、首相の念頭には緊急事態条項などもあるとした。

 菅氏は会見で国民投票について「首相の衆院解散権の制約はないと思っている」と述べた。これまでは国民投票と国政選挙は分離が望ましいとされてきたが、首相側がけん制を始めた。

 一方、公明党の井上義久幹事長は12日の会見で「ただちに(自衛隊を憲法に)明記しなければ安全保障に支障があるという状況ではない」と慎重な考えを示した。20年の改正憲法施行案についても「国民的コンセンサスができる中での国民投票が望ましい。日程ありきではない。国民投票法を議論する過程で(与野党の)実務者間では(国政選挙と)切り離して行うべきだとのコンセンサスがあった」と指摘した。【小田中大、高橋克哉】

最終更新:5/12(金) 22:37

毎日新聞