ここから本文です

阪神メッセ、先制直後に同点許す

デイリースポーツ 5/12(金) 19:33配信

 「DeNA-阪神」(12日、横浜スタジアム)

 自身最多タイの5連勝を狙う阪神先発のランディ・メッセンジャー投手が、味方の先制直後に同点を許した。

 四回、鳥谷の左中間二塁打で阪神が先制。3回まで2安打に抑え込んできたメッセンジャーだったが、直後の回に1死からロペスの二塁打でピンチを招く。その後4番・筒香は遊飛に打ち取ったが、5番・宮崎に同点適時打を浴びた。

 なおも2死一、三塁とピンチは続いたが、7番・石川を空振り三振にしとめ最少失点で切り抜けた。

最終更新:5/12(金) 19:41

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報