ここから本文です

ローマ中心部で爆発 けが人なし、アナーキストの犯行か

朝日新聞デジタル 5/12(金) 22:55配信

 ローマ中心部の郵便局外の駐車場で12日午前(日本時間同日午後)、車の間に置かれた爆発物が爆発した。ANSA通信が伝えた。タイマーがついた初歩的な構造のもので、車数台が損傷したが、けが人はなかった。検察当局は、アナーキスト(無政府主義者)による犯行の可能性があるとして、捜査している。

 現場は、ローマ時代に建てられたピラミッド型の墓ピラミデの近く。地下鉄の1駅先には国連食糧農業機関(FAO)や古代ローマの遺跡チルコ・マッシモがある。イタリアでは26、27両日に南部シチリア島タオルミナで主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれる。また24日には、トランプ米大統領がバチカンを訪問してフランシスコ法王と会談する予定だ。治安当局はさらに警戒を強めるとみられる。(ローマ=山尾有紀恵)

朝日新聞社

最終更新:5/12(金) 22:55

朝日新聞デジタル