ここから本文です

稀勢の里戦に”ラオウ、トキ、ケンシロウ“の懸賞幕が登場!

スポーツ報知 5/12(金) 12:13配信

 大相撲夏場所(14日初日・両国国技館)に出場する横綱・稀勢の里(30)=田子ノ浦=に漫画「北斗の拳」の製作を手がけるコアミックス社から懸賞がかけられる。デザインは同社が稀勢の里に贈った三つぞろい化粧まわしと同じ「北斗の拳」のキャラクター、ラオウ、トキ、ケンシロウの3兄弟がど迫力で描かれたもの。期間は初日から千秋楽までの15日間で、稀勢の里の取組に花を添える。

 懸賞幕の上部には同社が、6月1日よりリリースする漫画アプリ「マンガほっと」のロゴが印字されている。横綱のはからいによって、太刀持ちと露払いを務める力士の取組にも懸賞がかけられる予定。横綱土俵入りで使われる三つぞろいの化粧まわしと合わせて、本場所の土俵に登場する北斗神拳伝承者候補の3兄弟に注目だ。

最終更新:5/12(金) 12:14

スポーツ報知