ここから本文です

鹿児島・中甑、観測史上最多107.5ミリ 九州で大雨

朝日新聞デジタル 5/12(金) 23:04配信

 前線の影響で、九州では12日、広範囲で大雨が降った。気象庁によると、鹿児島県薩摩川内市の中甑(なかこしき)で午後2時半までの1時間の雨量が107・5ミリに達し、観測史上最多となった。

 熊本県では、昨年4月の熊本地震の影響で地盤がゆるんでいる地域で、土砂崩れなどへの警戒が呼びかけられた。南阿蘇村は村内全域の4195世帯1万222人を対象に避難準備情報を出し、村内4カ所に避難所を開設。上天草市も大矢野町登立岩谷地区の165世帯、360人に避難準備情報を出して避難所1カ所を設けた。

 九州新幹線は12日夕から夜にかけ、熊本―鹿児島中央間で上下線の運転を一時見合わせた。

朝日新聞社

最終更新:5/12(金) 23:04

朝日新聞デジタル