ここから本文です

錦織、準々決勝を棄権=右手首再び痛める―マドリードテニス

時事通信 5/12(金) 18:48配信

 【マドリード時事】テニスのマドリード・オープンは12日、マドリードで行われ、男子シングルス準々決勝で世界ランキング8位の錦織圭(日清食品)は世界2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する予定だったが、3月に痛めた右手首の状態が再び悪化したため、試合前に棄権した。

 記者会見した錦織は、「3回戦の後に少し悪くなってしまった。来週(のイタリア国際)も出たいので、リスクを避けた。(28日開幕の)全仏オープンが大事なので、回復に努めたい」と説明した。 

最終更新:5/12(金) 19:47

時事通信