ここから本文です

2人の身元特定、残る4人の確認急ぐ 北九州火災

朝日新聞デジタル 5/12(金) 23:17配信

 北九州市小倉北区清水2丁目の木造アパート「中村荘六」で6人が焼死した火災で、福岡県警は12日、死者のうち2人の身元について、アパート2階の入居者の岩崎優さん(60)と、1階の入居者の河野正裕さん(77)=いずれも職業不詳=と判明したと発表した。

【写真】NPO法人抱樸の炊き出しの場で、火災の犠牲者を悼む参加者ら=12日夜、北九州市小倉北区城内、柏樹利弘撮影

 小倉北署によると、岩崎さんは4月27日に入居。火災後に親族から問い合わせがあり、歯型などから身元を特定した。河野さんは3月6日に入居。DNA鑑定で身元を確認した。

 火災は7日深夜に発生し、木造2階建ての約300平方メートルが全焼した。アパートには16室あり、それぞれ1人ずつ入居。署は、焼死したのは1階の3人と2階の3人とみている。

朝日新聞社

最終更新:5/12(金) 23:17

朝日新聞デジタル