ここから本文です

池乃めだか「やせたのはストレス」新喜劇休演も検診で異常なし

スポーツ報知 5/12(金) 14:05配信

 吉本新喜劇の池乃めだか(73)が12日、大阪市内で吉本新喜劇座長・小籔千豊(43)の主催する音楽とお笑いのフェス「コヤブソニック2017」の開催会見に出席した。

 めだかは定期健診のために今月中旬の新喜劇を休演している。「僕は思いこみが強くて。ちょっとしんどいなあと思って、来週、再来週と休ませてほしいと会社に言った。病院ばっかり行ってたんですが、晴れて昨日、(異常は)何もないということで。やせたのはストレスやと言われました」と笑顔で報告した。

 めだかは、小籔からの“指令”で10年の同フェスでチャットモンチーの「シャングリラ」を披露して観客を驚かせるなど欠かせない存在。「終わった時に小籔の真意が分かった。やり切った達成感というかね。新喜劇はどうかしたら片手間でやってるところがあるけど、真剣に一から覚えなあかんというね。これを1年に1回与えてくれるというのは、僕の芸人人生にとっても大きい」と小籔のムチャぶりに感謝した。

 今年も驚きのコラボが期待されるところ。「今回は演歌を歌えるんやろ?『チャンチキおけさ』とか」と、めだかは得意のジャンルに持ち込みたい考えだが、「そんなん普通やないですか。ベテランがチャットモンチーや『今夜はブギー・バック』を歌うというのはなかなかない。命ある限り歌っていただいて、目に焼き付けてもらいたい。僕としてはオイシイなと、やらしい計算がありながらね」と小籔はさらなる“鬼指令”に含みを持たせた。

最終更新:5/12(金) 16:46

スポーツ報知