ここから本文です

急増する「アニサキス中毒」東国原英夫氏も4年前に発症、生放送で激痛体験を告白

スポーツ報知 5/12(金) 13:54配信

 元宮崎県知事の東国原英夫氏(59)が12日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)に生出演し2013年にアニサキス中毒にかかったことを告白した。

 アニサキス中毒は寄生虫「アニサキス」が付いた生の魚などを食べて起きる食中毒。最近の10年間で20倍も発生しているという。芸能界では、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(40)、タレントの渡辺直美(29)、お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春(41)らが過去に発症したことを明かしている。

 東国原氏は、衆院議員時代の13年に本会議を翌日に控えた前夜に刺し身を食べ、一夜明けた本会議中に「午前中に痛くなって、脂汗出ますよ。それでも本会議ずっと我慢して欠席しなかったんです」と激痛体験を明かした上で「ここが上西(小百合)議員と違うとこです」と笑わせた。夕方まで我慢し病院へ行ったところ「アニサキスって言われてみんな聞いたことないから“東だから性病かなんかか”って」とジョークを交え振り返っていた。

最終更新:5/12(金) 13:54

スポーツ報知