ここから本文です

西・東日本、大雨警戒=低気圧が東へ―気象庁

時事通信 5/12(金) 19:13配信

 九州では12日、前線の影響で大雨となった。

 前線上に発生する低気圧が本州付近を東へ進むため、気象庁は、西日本では13日昼前にかけて、東日本では同日未明から夕方にかけて雷を伴い非常に激しい雨が降ると発表した。土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒が必要。

 鹿児島県薩摩川内市の上甑島では12日午後2時半ごろまでの1時間に107.5ミリの猛烈な雨が降り、この地点の1時間雨量の最多記録を更新。熊本県人吉市では同8時半までの3時間雨量が77.0ミリに上った。鹿児島、熊本両県の一部には土砂災害警戒情報が出された。JR九州は九州新幹線の熊本―鹿児島中央駅間で運転を一時見合わせた。

 13日午後6時までの24時間雨量は多い所で、四国250ミリ、九州と近畿200ミリ、東海150ミリ、奄美120ミリ、沖縄と関東甲信100ミリと予想される。落雷や突風にも注意が必要。 

最終更新:5/12(金) 21:33

時事通信