ここから本文です

3大銀がマイナス金利=欧州で法人預金に適用

時事通信 5/12(金) 19:49配信

 三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3大銀行が、欧州で一部の大口法人預金を対象に、マイナス金利の適用に踏み切ったことが12日、分かった。欧州中央銀行(ECB)によるマイナス金利政策を受け、ユーロ資金の運用益が低下し、収益が圧迫される中、顧客にも応分の負担を求める形だ。

 欧州では、英金融大手HSBCなどがマイナス金利適用で先行しており、邦銀に追随の動きが広がっている。三井住友銀は適用に関し、預金額などによる一律の基準を設けてはいないが、「顧客の状況を踏まえ、個別交渉でマイナス金利にしているケースはある」(幹部)という。みずほ銀も一部で適用しているもようだ。

 三菱東京UFJ銀も英国でマイナス金利を適用する方針。一定額を超える期間12カ月未満の定期預金が対象で、既に法人顧客への通知を始めた。 

最終更新:5/12(金) 22:28

時事通信