ここから本文です

70歳のジャンボ、1打及ばずエージシュート逃すも「次にはつながる」

スポーツ報知 5/12(金) 14:33配信

◆報知新聞社後援 男子プロゴルフツアーメジャー第1戦日本プロ選手権日清カップヌードル杯第2日(12日、沖縄・かねひで喜瀬CC)

 ツアー通算94勝の尾崎将司(70)=セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ=が自身ツアー2度目となる年齢以下のスコアを記録するエージシュート達成をあと一歩で逃した。

 5オーバーの122位から午前7時50分に出た尾崎将は、9番パー5でバーディー、後半の13番パー4でボギーをたたいたが、終盤16番パー4、17番パー3でともに連続バーディー。最終18番パー5をパーでしのげば、70で快挙達成となったが6メートルからまさかの3パットでボギー。3バーディー、2ボギーの71で、1打及ばなかった。

 通算4オーバーでホールアウトし、予選落ちが濃厚となっている。66歳で迎えた13年のつるやオープン初日に62をマークして史上初のエージシュートを達成。69歳だった昨年の中日クラウンズ初日では、2度目のエージシュートまであと1打に迫る70で惜しくも逃し、今回も達成はできなかった。それでも、今季出場3試合目の大ベテランが、沖縄開催の今季メジャー初戦で存在感を示した。

 尾崎将の話「70でエージシュートっていうのもピンとこないな。次にはつながる。(18番は)3打目までいい球打って、それでボギーになるんだから不思議なもんだね。(1メートルのパーパットは)左に行ったなあ。(ゴルフの調子は)まあまあ雰囲気が出てきた。あと10ヤード飛距離が伸びるようにしたい。そうすると(もっと)前向きな気持ちが出てくるんだけど」

最終更新:5/12(金) 14:34

スポーツ報知